美人風俗嬢に股間が踊る

お客です。でも、大切なんです

風俗では男がお客です。それは間違いないんですけど、じゃあお客だからって何でもして良いって訳じゃないんです。お客様は神様なんて言葉は、お客をもてなす側が「そのような気持ちで向き合え」とする戒めであって、お客が「神様なんだから丁重に扱え」と迫るものではないんです。その点はちゃんと考慮しておかなければならないと言うか、むしろそれは常識なんじゃないのかなと(笑)風俗嬢はプロではあります。でも、その前に人間なんです。彼女たちだって機械ではないので、こちらの態度が横柄だったり、あるいは高圧的に「これをしろ」「それは辞めろ」なんて言葉を投げかけていては、結局はあまり楽しめないんじゃないかなと思いますので、風俗を楽しむ時には相手への配慮。これもまた、とても大切なものなんじゃないのかなって思いますけどね。むしろその配慮こそ、自分に様々なものをもたらしてくれるのではないかなって思いますので、配慮は大切なんですよ。

ホームページ?必見じゃないですか

風俗のホームページを見るのは何かしらのアドバンテージになるというよりも、むしろ見ておくべきものなんじゃないですかね。アドバンテージというよりも、見ていないとハンディキャップになるというか。それくらい風俗はホームページが生命線と言っても良いと思うんですよね。お店であればまだ店頭でも確認出来ますけどデリヘルの場合、ホームページが受付のような存在なので、どのようなホームページなのかは、言い換えればどのような店内の内装なのかになりますよね。その点をちゃんと理解している業者の場合、ホームページにもかなり力を入れているのが分かります。作りそのものもはもちろんですけど、頻繁に更新しているのも分かりますので、かなり良い作りというか、これは凄いなって気持ちにさせられるんです。だから、それこそどんなホームページの風俗店なのかによって遊ぶべきかどうか決めるという手法もありといえばありなんじゃないのかなって思いますよ。